ブルマリスタッフ日記

ブルマリスタッフがお送りする役に立ちそうで立たないかもしれない情報満載!(笑)

アンダマン海でもサンゴ礁が白く!?

こんにちは!

 

本日は朝から爽やかな晴天です。

 

5月に入ってもまだまだ暑いタイ・プーケットですが、海中のサンゴ礁も温暖化の影響を受け、サンゴの白化現象が起きているそうです。

今年は異常な暑さのタイでしたが、タイ湾やアンダマン海でも海水温の上昇によりサンゴの白化が進んでいます。

 

こちらはダイバーにも人気なリペ島の海で撮影されたサンゴです。

リペで見られたサンゴの白化

大きく広がった菊花サンゴの一部分が真っ白になっていますね。他のサンゴ礁エリアでも同じように一部が白色になっているようです。

 

タイ環境省より、12カ所の海洋国立海洋公園でサンゴの白化現象を十分に観察し、注視するよう発表されました。

この12カ所の中には、プーケットからも行けるスリン諸島やピピ諸島が含まれています。

スリン諸島は乾季の時季のみ訪れることができ、雨季の期間は海洋国立公園が閉鎖されますが、ピピ諸島は年間を通して楽しむことができます。

 

今後どのような規制ができるかは不明ですが、サンゴ礁保全の為、気候変動への対策だけではなく、水質悪化への対策やサンゴへの負荷を軽減できるような取り組みができるといいですね。